水の分類(あくまでも人間による人間の都合に合わせたものともいえるかもしれません)法の一つとして、「軟水」と「硬水」に分ける方法がありますね。よくミネラルウォーター(昔では考えられませんでしたが、お金を出して水を買う人が少なくありません)にも表記されていますので、一般的にも馴染みがあるんでしょうかが、一体どういった事を基準にして分類(ある意味、今までの研究の成果ともいえるでしょう)されているのかご存知ですか?これは「硬度」と呼ばれている、水の中に含まれているカルシウム(人間や植物にとって必要不可欠なミネラルの一種です)濃度、及びマグネシウム(未精製の穀物、例えね、玄米などに多く含まれています)濃度によって分類(特徴や個性に合わせて行われていることがほとんどです)されているのです。分類(あくまでも人間による人間の都合に合わせたものともいえるかもしれません)される基準は、国によって異なるでしょうが、大体の目安として、硬度100以下であれば「軟水(金属イオンの含有量が少ない水をいいます)」、101〜300は「中硬水」、300以上が「硬水」と言えると思います。硬水に多く入っているカルシウム(リンや塩分をたくさん摂ると吸収が阻害され、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率がよくなります)やマグネシウムは、地下の岩石等から長い時間をかけて溶け出したようですね。故に、石灰岩地質であり、地下への滞留も長いヨーロッパ大陸の地下水は硬度が高くなるのではないでしょうか。反対に、日本っぽい島国では地下への滞留が短い為、地下水の硬度は低くなる傾向にあるでしょう。このような理由から、日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)は以前から軟水(まろやかで飲みやすいのが特徴です。石けんの泡立ちもよくなりますね)を飲用していて、今でも軟水がこのまれている訳です。軟水(金属イオンの含有量が少ない水をいいます)は口当たりがまろやかで、素材やダシの旨みを引き出しやすく、料理に適している水なのです。繊細な日本料理が生まれたのも、素材そのものの味を上手に生かしてくれる軟水(まろやかで飲みやすいのが特徴です。石けんの泡立ちもよくなりますね)のお陰とされているんです。ヨーロッパで多く飲用されている硬水は、淡白な和食料理には苦味やえぐみが強調されて不向きとは言え、肉料理やパスタを茹でる際には適しているのです。また、健康維持の為に飲用されている方もいるみたいですよ。この2種類の水を上手く使い分けできると良いでしょうー