税理士はお昼も気が抜けない?!

税理士は、大変な仕事の合間でも毎日二ュースや新聞を見ているといえるでしょう。
お昼を食べながらスマホや新聞をみているスーツ姿の人、もしかすると中には税理士さんがいるかもしれません。
というのも、税理士さんの毎日のノルマともいえるべき仕事となってくるからといえます。
確かに、経済欄などは私たちには不要な項目でも税理士と経済ならば結びついてしまうものです。
そう、税理士さんは本ばかりでなく、きちんとメディアからも情報を得ているといえるでしょう。
もしかすると、先取りするために、朝刊だけでなく夕刊をとることも税理士さんにはあるかもしれません。
また、税理士の仕事中、どうしても税理のことばかり話しているわけにもいかなくなることだってあるものです。
やはり堅苦しい関係では、税理士と顧問の関係がただの機械的なものになってしまうからといえます。
それも、顧問先にふさわしい話題でコリをほぐしていくのが税理士であるようです。
なので、税理士さんは仕事では受け身が多くても、雑談では積極的になることも多いのではないでしょうか。
常に話題をもっていなければいけないので、税理士さんはお昼も気が抜けないというところかもしれません。
むしろ、仕事でありながらもそんな話が、税理士さんには憩いの時間となっていることもありそうです。